西成区 “近所のおばはん”

おばさんでもおばちゃんでもなく、おばはんである… 店名からして激しすぎるインパクトを醸し出してるのは、大阪メトロ四つ橋線花園町駅すぐの「近所のおばはん」さんです。以前「鳥本久」さんに行った時、グーグルマップで位置を確認したら鳥本久さんの近くに衝撃的なネーミングが表れ、気になって気になってしょうがなくついに今回来店しました。

開店してても常に「準備中」w
このお店は店名のインパクトだけでなく、変わった料理が楽しめるそうです。

ジビエですよ、猪とか鹿のアレ!

 

なんと御夫婦で丹波篠山の地で猟師もされているそうです。ですから一般的な料理以外にジビエ料理や山菜など頂けるそうです。

まずはビールとおばんざい3種。

よい味付け!

さてまずはライトな所からナマズのフライ

はじめてのナマズですが、普通の白身魚と同様淡白な肉質で…

美味しい!!!

 

次は猪の赤身の串カツ

ちょっと固いけど、猪赤身は豚より牛に近い感じがするなぁ。

酒が進んでたががはずれ、つい注文したのが自家製のハチ酒

ボトルの中にススメバチがぎっしり…

うわっ!きつッ!

スズメバチの毒を中和するためにアルコール度数50のお酒に漬け込んでるそうです。それまで呑んでた黒霧島水割りがちょうど良いチェイサーにw

なんでもアッチ方面にもの凄く効くそうです。

酔っ払って、ついにコレをオーダー。

イモリの唐揚げw アルコールの中でダンシング。

変わり果てた姿で登場… 結構原型そのままやな… 味は…

香ばしい!普通におつまみ!!!

なんでも頻尿に効果があるそうで、それ目当てで来るお客さんもいるそうです。

わたくしは今のところは大丈夫ですけどね。

御馳走様でした。

 

猟のシーズンは11月~3月だそうで、その時期はボタン鍋を楽しめるそうで、それ以外の月は時期により鹿やカエルもあるそうなので、滋養強壮に食べてみたいですね。気さくな御夫婦で狩の話などとても楽しかったです。また不定期ながら、ミュージシャンを招いて店内ライブもやってますよ。

翌日ハチ酒の脅威のパワーを体感!10代の頃みたいに朝ギンギンになってたw

住所:大阪市西成区鶴見橋1-4-14
電話:06-6630-0880
営業:17:30~24:00
定休:4~10月は木曜、11~3月は日曜