浪速区 “ホルモン道場”

国内外の観光客でごった返す週末の大阪「新世界」界隈。昔はディープな場所というイメージだったのが超人気スポットになってまして、人多すぎてここ数年御無沙汰でしたが、たまたま平日15時からオフの時間が取れ、やって来ましたのがジャンジャン横丁にある「ホルモン道場」です。

ホルモンって焼肉屋ではコンロなどで自分で焼く訳ですが…

ホルモン道場」ではお店の方が鉄板でお好みの部位を焼いてくれて、それをお皿にのせて提供してもらえます。味付けはなんとウスターソースがベースのタレなんですよ。


そうそう、もちろん「」のホルモンですよ。メニューはこんな感じです。


まずは「ハラミ」です。 700円

めちゃめちゃ柔らかくて美味しいです!

付け合せのモヤシもソースを吸って美味い!


違う食感も楽しみたいので「上ミノ」も注文。 700円

コリコリしてる部分と脂が乗ってる部分があいまってうめぇぇ!

新世界やジャンジャン横丁って串カツのイメージが強いですけど、ちょっと違ったものを違った味付けで食べてみるのもいいんじゃないでしょうか。

住所:大阪市浪速区恵美須東3-2-23
電話:06-6631-3466
営業:10:30~20:00 定休日火曜


大阪食べ歩きランキングに参加してます!

居酒屋ランキングに参加してます!

Pocket

浪速区 “エノキ屋酒店”

角打ち」で「ひやおろし」と聞いても、酒飲みじゃなければなんのことかわからないでしょう。「角打ち」とは酒屋に併設されたスペースで立ち呑みすることで、「ひやおろし」とは定義はいろいろありますが、「厳寒期に醸造した清酒を一夏越して調熟させ、秋口に入ってほどよい熟成状態で出荷する」という「秋一番の新酒」です。

ということでやって来たのは、大阪の立ち呑み好きには有名過ぎる浪速区の「エノキ屋酒店」です。向かって右は酒屋で、左が立ち呑みになってます。この日伺ったのは秋になり美味い「ひやおろし」が飲みたいと思い、餅は餅屋だろということでお邪魔しました。


角打ちの多くが缶詰だったり乾き物のアテしかない所が多い中、凝った手料理が日替わりで頂けるのがこの「エノキ屋酒店」の大きな魅力です。まずはビールでということでサッポロラガーを注文。そして「湯豆腐」ですよ!「湯豆腐」(大事なことなので2度言いましたw)

出汁がうめぇぇぇぇ!


そしてこれです。

絶品「鯛のタタキ ニンニク味噌ダレ」。

もう「ひやおろし」しかないw「国士無双」を1合頼んだ所半合しか残ってなかったので、それをクイッと呑んで、「播州一献」を1合注文。チロリ(酒タンポ)で来たのはなんか嬉しいですw。続いてヘルシーに「いんげん胡麻和え」を所望。体に優しい味がします。


近くにある2つの高校と大型病院の関係者もよくこられてるようで、とても客筋がいいお店で女性も安心して立ち呑み出来ます。HPでその日のお薦め品をいち早く知らせて頂けるのも嬉しいですね。

大阪で角打ち・立ち呑み巡りするなら避けては通れないお店ですよ。是非!

住所:大阪市浪速区大国1-11-2
電話:06-6644-6363
営業:月~金 17:00~22:00 第一土曜日 17:00~21:00


大阪食べ歩きランキングに参加してます!

居酒屋ランキングに参加してます!

Pocket