西成区 “元祖たこ焼き 会津屋 本店”

大阪粉もんというとやはり一番は「たこ焼き」でしょう。「お好み焼き」も捨てがたいですが、近年広島のお好み焼きが台頭しているし、やっぱり大阪人は一家に一台「たこ焼き器」を持ってると考えるともう疑いの余地はありません。「たこ焼き」です。
そんな訳で大阪市は西成区玉出にあります元祖たこ焼き会津屋本店」さんに来ました。

昭和10年に会津屋初代がたこ焼きを作ったといわれ、今では大阪に数店舗、東京はお台場たこ焼きミュージアムにお店をかまえられています。
さんざんメディアに取り上げられてるので今更紹介するのもアレなんですが、実は昔この界隈に住んでたこともあり思い出の味なのです。時代の変化を経て「会津屋本店」さんのたこ焼きも変化してるのか、それとも変わらないのか検証してみたいと思います。

お持ち帰りが基本ですが、店内でも頂けます。
たこ焼き」の前身である「元祖ラヂオ焼き」(すじコンが入っている)も食べたいし「ねぎ焼き」も気になるので、「三種盛」と生ビールを注文しました。

左上:「元祖たこ焼き」 右上「ねぎ焼き」 下:「元祖ラヂオ焼き」 です。基本ソースやマヨネーズなどはなく、生地に濃い出汁と醤油で味がしっかりついてますので、そのままの味を楽しむ感じです。
あれ?昔食べた時これよりもっと大きかったような気がするけど…サイズダウンしたのかそれとも勘違いか…
かなり小さめで12個入ってますがこれならすぐにペロリですねぇ。
お味はというと… そうこの味です!出汁が効いて

もう何個でもいけるぅ~。

一般的なたこ焼きって甘めのソースがビールに合いますが、ここのたこ焼き日本酒でも焼酎でもウイスキーでもなんにでも合います。

まさに酒呑みのために作られたたこ焼きです。


この界隈に住んでたころにタイムスリップしたようでとても懐かく感じました。
大阪のたこ焼き屋さんは沢山あっって各々が日々しのぎを削って新しい味を模索してますが、ひとつぐらい伝統の味を守るお店があってもいいし、それが大阪たこ焼き豊富なバリエーションに繋がるんではないでしょうか。
今度は「特皿たこ焼き21個」とコンビニでワンカップ買って近くの公園でがっつり食べたいと思いました。

西成区玉出もこの「会津屋本店」さんや「力餅食堂玉出店」さんが今だ健在であったりする反面、規制の影響かパチンコ屋が2件廃業してて時代の移り変わりを感じました…玉出(たまで)なのに玉出なかったから潰れたのかなw

住所:大阪市西成区玉出西2-3-1
電話:06-6651-2311
営業:10:00~20:00 定休日 元旦のみ

大阪食べ歩きランキングに参加してます!

Pocket