番外編 “東京紀行その2”

2019年7月13日二日目の東京。前日のライブ後、寂空-JACK-谷川祐司 と関係者で呑んでて、ホテルに戻ったのが3時前。眠気と酔いがあるものの、午前中に高円寺から吉祥寺へ。

まず井の頭公園を散歩。スワンボートって楽しそうやなw

その後東急百貨店吉祥寺店へ。
買い物済ませて9階のレストランに向かう。いろいろお店があるなか、大勢のお客さんがトンカツ屋に入っていくのでつられて入店。

名代とんかつ かつくら東急百貨店吉祥寺店

ヒィィィ~高い!!! 他のお客さん涼しい顔して注文してんな。これが東京の物価なのかと思ったが、どうもこの店京都が本店で全国展開してるらしい… ちょっと高級過ぎるが、渋々気合でヒレかつ膳160g¥3000をチョイス。

あれっ?肉の断面がほんのりピンク色じゃなく、完全に火が通ってる感じやな… こんなん硬いとちゃうんかよ… もしや地雷踏んだんじゃねぇか?

って

うめぇぇぇ!!!

肉めちゃめちゃ柔らかく甘い。

そして驚いたのがホスピタリティ。お客さんの食事の進行をよく見てて、サラダが減ったら「おかわり如何ですか?」と店員さんが気にしてくれている。なかなか居心地が良い。大阪の店舗もチェックしてみよう。高いけどおすすめ!

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1東急百貨店9F

 

その後高円寺のホテルに戻りまったりして、夜、下北沢のライブ会場へ。

CLUB Que

THE SYAMISENIST はツインエレキ三味線(寂空-JACK-谷川祐司)とドラム(笹本恭平)から成るバンドで、Groovyなロックインストが売りのバンド。前日高円寺で見たTRANSIST はこのTHE SYAMISENIST を母体に他3名が加わったバンドなんだけど、音楽性は異なる。個人的にはTHE SYAMISENIST のGrooveの方が好き。

この日のライブはなんと福井県のTV局が、福井出身の谷川祐司の密着取材でカメラが入っていて、なぜかわたくしめもファンとしてインタビューされるという事態にw そういう特殊な状況のせいか、メンバーもファンも気合が入り、凄いパフォーマンスで大盛り上がり。

動画でGrooveをおすそ分け。

番外編 “東京紀行その1”

2019年7月12日久々に高円寺に降り立つ。今回の主目的は懇意にしているミュージシャンのライブなのだが、日本一有名と思われる銭湯小杉湯と川原ひろし氏のなんでんかんでんにも。

ホテルにチェックインし、15時30分の開店を待って「小杉湯」へ。

JR高円寺の北の商店街を進み、住宅地に入ると昭和感満載の外観が登場。

驚いたのは銭湯にもかかわらず、シャンプー・ボディーソープなどのアメニティーが設置されてる事。スーパー銭湯やサウナなら当たり前でも、銭湯でははじめて見た。手ぶらで行ける味のある銭湯である。

休憩室には数多くの有名人のサイン。サウナはないものの、交互浴で整いました。

杉並区高円寺北3-32-2

 

風呂上がり喉も乾くし小腹もへったので、「なんでんかんでん」へ。

派手やなw

きくらげラーメン¥870と瓶ビール¥520を所望。

豚骨なんだけど動物臭は少ないスープ。

川原ひろし社長が有名なので伺いましたが(伺った時はいらっしゃらなかった)、特段美味しいとも感じなかった…ごくごく普通の豚骨ラーメン。

杉並区高円寺南4-25-9

 

夜になりライブのためにアイリッシュパブ「The Cluracan」さんへ。

交流のある津軽三味線奏者の寂空-JACK-谷川祐司が参加している新しいバンド「TRANSIST」を鑑賞。

かなり実験的なインスト音楽で、プログレ的でもあり、民族音楽でもある。メンバーは個々の活動もしているので、お客さんのお目当ても好みも違うはずだけど、お客さん全てを唸らせる演奏だったなぁ。ドラム笹本恭平のテクとトークの面白さは異常w

杉並区高円寺南4-9-6